儲かる業界イメージは過去となった消費者金融

法律が改正される以前までは消費者金融は儲かる業界でした。
人の懐事情をビジネスにしている点に悪いイメージでみられることもあるのですが、銀行で借りれない方などの資金需要に応えている面もあります。
ただ、現在の消費者金融は冬の時代を迎えていると言えるでしょう。
過払い金の返還請求に加え、上限金利の引き下げや総量規制、資本金の問題、資金調達自体も困難になっています。
消費者金融のビジネスモデルは資金を銀行などの金融機関から借りて、そこに金利を上乗せして成り立つものです。
出資法下であれば、調達金利が10%でも上限金利29.2%の差は20%近くあり、儲かる構造になっていました。
中小の消費者金融も多少のリスクはあっても、高金利の貸し付けで利益を確保できていた面もありました。
しかし、現在の利息制限法下では先の例では利益も半減することになります。
そこに過払い金の返還請求と資本金の問題です。
即日サラ金審査※スピードローンはサラ金
過払い金は違法金利分なので、返還は当然ですが、資本金が5000万円以上なければ経営ができない規制と長期間続く返還請求は以前の儲かる業界とは正反対に陥っています。
銀行や信販会社が個人向けに様々なサービスを提供している点も今後の消費者金融に影響を与えるものであり、それぞれの垣根もなくなりつつあります。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」

ゆうちょ銀行では、スルガ銀行と提携してカードローンサービスを行っています。
その名も「したく」
したくは、スルガ銀行の商品ですが代理業者としてゆうちょ銀行が媒介しています。

このカードローンは借りる人がすぐに支度できるように、スピーディーな審査が特徴です。
銀行の店頭以外でも、インターネットや電話で申し込みをすると即日審査が可能です。
電話なら30分という短い時間で審査結果が分かり、急な出費の時大変役に立つカードローンです。

全国に展開するゆうちょ銀行のATMより、カードローンの借り入れが出来るので、都心部に住んでいない場合でも、手軽に借りられる事が可能です。
⇒おまとめカードローン
毎月の返済額に加え、返済に余裕がある場合は繰り上げ返済が可能です。
返済が早い分、支払わなければいけない利息分が減りますので、計画的な返済が可能です。
これならカードローンは金利がかかるし、と心配の人でも安心です。

急な冠婚葬祭や事故、給料日前など、日常生活で困った時、カードローン「したく」を気軽に利用してはいかがでしょう。

1年に1回の出会い

一年に一回、大学の同窓会を開いています。
大規模なものもありますが、私は小規模な同窓会に出席しています。
結構な回数を重ねていますが、
私も含めて一年間で何が起こったかを話していると、
まぁ、いろいろと起こったなあと毎年思います。

自分が話しているのもそうですが、
友人が話しているのを聞いていると、
去年は景気のいい話をしていたが、今年は景気が悪そうだなとか、
去年までとは違う方向の生き方を始めたななど、
たった一年で変わる場合が多く聞かれます。

おそらく、私の場合も同じように思われているのかもしれませんが、
変わるということは決して悪いことではないのだなと改めて思っています。

今の時代、目まぐるしく情勢が変わっています。
できるなら同じことの繰り返しで何とかしたいですが、
時代がそれを許してくれないことも多いです。

私の友人の一人は、絶対に海外にはいかないと言っていたのに、
この前の同窓会で、今度アメリカ出向を打診され、
それを受け容れたと言っていました。
国内派を自認していた人だけに私はとても驚きました。

このようなことを感じられるのも、やはり人との話からです。
それも、1年に1回という長いようで短い間隔で会うことで新しい発見がある。
そういう意味でも、同窓会はいいものだと改めて感じています。